Top >  アウトドア関連読本 >  そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記

そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記

そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記
松澤 等
そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記
定価: ¥ 1,470
販売価格: ¥ 1,470
人気ランキング: 46052位
おすすめ度:
発売日: 2008-10-16
発売元: 早川書房
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記の詳細を見る

そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記は隣のヒトが読んでいてちょっと興味を持った本です。でもそこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記を読んでみて、案外面白かったのでご紹介します。

そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記の本などは余り詳しくご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会に読んでみられるのも良いのではないでしょうか?そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記はなかなか興味を引く内容で、引き込まれていってしまいます。

読んで得したなぁと思う本、読んで損したよ!と思う本、世の中にはいろいろありますね。そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記は「読んで損はない本」です。

微妙な表現ですね。得か損かは人それぞれなので何とも言えませんです。でも損がないなら得かもしれない方が強いです。そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記はそういう本です。

そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記は内容がしっかりしていて、わかりやすいので誰にでも受け入れられる本なんです。そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記の分野が初めての人にも、そうでない人にもしっかり内容がわかる本です。だから、損はありません。実際に読んでみたら、そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記はかなりお得な本になると思いますよ。

アイロニング道を行く
著者のエクストリーム・アイロニングに対する真剣さが、とにかく本当にすばらしい。

高いレベルの達成感を味わうために、日々筋トレにはげみ、アイロンをかけ、飛びながらシワを伸ばす。
大真面目なユーモアが漂っているのだが、ただの一発芸だと思ってはいけない。
著者のスポーツとアイロニングに対する武士道にも似た真剣さが、本書の中からびしびしと伝わってくる。
みんなこの本を読んだら言うだろう。「エクストリーム・アイロニングをナメていました」と。

松澤氏は、「アイロニング道」という言葉がとても似合う人だ。
イギリスのユーモアと、日本人ならではの「道」精神を、見事にかねそなえた、世界でも類を見ないすばらしい競技者だと思う。
2009年の世界大会を、心から応援したい。

そこにシワがなくても
意外にも松澤氏自身の半生が詳しく書かれていて、これによってすべての謎が解けるというか、エクストリーム・アイロニングとは何かということがわかるようになっている。ある意味、これは貴重な本であり、とくにこれから社会に出ていく高校生・大学生あたりが読んだらタメになるのではないかと思う。
また、これからはアイロンをかけることが単なる家事ではなく、男の至福の時間、自分を取り戻す時間になる気がする。

真摯な態度に魅かれる!
単なるパフォーマンスではなくて、自分と自然とアイロンとの調和を目指す著者のマジメさが非常に爽快である。
そこらへんのことで、日本代表の著者自身、ヨーロッパの本場の方針には若干違和感を抱いていたり、何が国際標準であるべきかについてマジメに考えていたりするのが、深い話で面白かった。

また、仲間内でワイワイやるのではなく、「ソロ」でのアイロニングを勧めているのも、ああなるほど、と思うし、環境に配慮して、帰り道では必ずゴミを拾うなんていうのも、当たり前のようだがなかなか見上げた心意気だと思う。

とはいえ、というか、だからこそ、本の中のところどころにある笑える写真や、笑わせる写真が生きてくる。一生懸命やっていることに「笑い」や「ユーモア」があるのはとても美しいことだ。エクストリーム・アイロニングがこれほど奥深いのものとは思わなかった。

それから、字も大きくて、写真も多くて読みやすかったです。

そこにシワがあるから──エクストリーム・アイロニング奮闘記の詳細を見る

 <  前の記事 b * p (ビーピー) 2008年 06月号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 パリの歩き方 2009-10 (地球の歩き方MOOK) (地球の歩き方ムック)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3938

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。