Top >  アウトドア関連読本 >  アラスカ極北飛行

アラスカ極北飛行

アラスカ極北飛行
湯口 公
アラスカ極北飛行
定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 198727位
おすすめ度:
発売日: 2008-07-01
発売元: 須田製版
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
アラスカ極北飛行の詳細を見る

ウチの父が昔よく読んでいた「湯口 公」。当時は、こんなの何が面白いんだろうと思っていた。なかでも父が特に気に入っていたのが「アラスカ極北飛行」というやつだったと記憶している。

今日、僕も試しに「アラスカ極北飛行」を読んでみた。すると、父があれだけ「アラスカ極北飛行」に夢中だったワケが少しだけわかったような気がする。

ここんとこ風が強い日が続いている。
来週末、寝台列車にでも乗って1人で小旅行に出かけようか。

僕はクローゼットの中のボストンバッグを引っ張り出した。

写真だけでも見る価値あります。
現在ニセコ在住の元空自戦闘機パイロットが、自衛隊を退職した後、アラスカに渡りブッシュパイロット(好きなところに着陸できる小型機)でアラスカを旅した旅行記・写真集である。
 とにかくアラスカから極北にかけての写真が綺麗な一冊です、今まで目にすることがなかった極北の景色が魅力的であるのと、彼のアラスカを飛ぶために自衛隊のパイロットを辞め、自分で購入した飛行機で自由に旅をするスタイルに憧れます。
 
 文中に登山など、冒険になどに挑戦し続けなければ生きている実感が得られない人、また逆に冒険に人生を費やすのは無駄と考える人、挑戦したくても踏み出せない人などたくさんいる。
 日々の生活を維持するために経済というシステムの中で生きていく必要がある一方で冒険、挑戦、芸術活動など「人間として生きる」うえで欠かせない要素、そして何を優先させるか人それぞれだが、結局生きているという実感を感じる瞬間があればいいのではないかと思う。
というくだり、、
 僕にもそんな瞬間があるな、と。
たとえばバイクに乗っているときや、サーフィンをやってるときにあ?生きてるんだな?とつくづく実感する、サーフィンなど自然の脅威に身を置くことによって、死なないよう神経を使っている時など、生きている実感を感じる瞬間がある。
 現代では普通に生活していれば、自然の脅威を感じることもないと思う、だから生きていても、生きているという実感を感じる機会もないのかもしれない。
 だから、心の病や自殺などもおこるのかもしれないな、と感じた一冊でした。
写真を見るだけでも価値ある一冊だと思います。

ぜひ読んでもらいたい一冊
手にとって、まず表紙の写真の美しさに魅了されます。
「アラスカ極北飛行」
アラスカの空を自分で操縦して気に入った場所に降り立ち、
そこでアウトドア活動を実践して書かれているこの本からは、
他には無い、筆者独特の世界を感じることが出来ます。
自分らしく生きていくために、、、
一度しかない人生を後悔無く生きていくための指針となる一冊。

写真、文章共に素晴らしく、飽きさせない内容。
おすすめの一冊です。

アラスカ極北飛行の詳細を見る

 <  前の記事 るるぶクロアチア・スロヴェニア (るるぶ情報版 (B16))  |  トップページ  |  次の記事 ソウルの歩き方 2009-10 (地球の歩き方ムック) (地球の歩き方ムック)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3758

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。