Top >  アウトドア関連読本 >  あてのない絵はがき (小学館ライブラリー―アウトドアエディション)

あてのない絵はがき (小学館ライブラリー―アウトドアエディション)

あてのない絵はがき (小学館ライブラリー―アウトドアエディション)
辻 まこと
あてのない絵はがき (小学館ライブラリー―アウトドアエディション)
定価: ¥ 795
販売価格: ¥ 795
人気ランキング: 187849位
おすすめ度:
発売日: 1995-07
発売元: 小学館
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
あてのない絵はがき (小学館ライブラリー―アウトドアエディション)の詳細を見る

あてのない絵はがき (小学館ライブラリー―アウトドアエディション)のことは、メールで紹介されていて知りました。
友達に紹介されて、あまり興味のなかった私ですが、読んでみて驚きました。

この本は、読みやすい上、いろいろな問題に斬り込んで、とても参考になります。
あてのない絵はがき (小学館ライブラリー―アウトドアエディション)が「最初の一冊」になるとすれば、それはベストの選択の一つといえるんじゃないでしょうか。
それぐらい、この本はすばらしいです。
あてのない絵はがき (小学館ライブラリー―アウトドアエディション)は、健康を求めるすべての人に本書を読んでもらいたいです。
いつも手元に置いて、事あるごとに開きたい本です。

あてのない絵はがき (小学館ライブラリー―アウトドアエディション)は、このように凝縮された内容が公開されることに感謝です。あてのない絵はがき (小学館ライブラリー―アウトドアエディション)は、必読だと思います。
内容は、文章がこなれていて、大変に読みやすくわかりやすいです。
始めてからまだ日が浅いですが、効果が少しずつ出てきました。
私は、ちょっと具合が悪くなると薬箱代わりこの本を開いています。

あてのない絵はがき (小学館ライブラリー―アウトドアエディション)はこういう問題に興味のない方にこそオススメしたい傑作です!

激しい雨が降り続き、やがて止んだ。アダモは過ぎていった。・・・何処へ・・・線画も文も最高だ。
辻まことは、レビュー出来ません!この本の裏表紙に書かれているとおり、日に五、六里の山道を二往復するほどの貴重なポーターであり、フランス・スキーの達人であり、ほれぼれするほどのギターの上手---。そんな様々な言葉で讃えられる魅力溢れる自然人の世界を凝縮した、画文集『山からの絵本』、『山の声』、『山で一泊』などの名著からの作品、そして幻の名作『すぎゆくアダモ』が収録されている。幻の『虫類図譜』をはじめとして、彼の著作は全部手に入れその素晴らしさに魅了され、いつのまにかすべての本は私から去った。この本は絵も文も最高だ!が、幻の名作「すぎゆくアダモ」が収録されているからだ。辻まことに20代で出会い、60代でまた出会いがあった。このような人がいたのだ。皆さんにも『すぎゆくアダモ』を読んで分かってほしい。私もアダモのように過ぎていけるだろうか・・・。
Come Majorana

あてのない絵はがき (小学館ライブラリー―アウトドアエディション)の詳細を見る

 <  前の記事 Leaf (リーフ) 2008年 05月号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 冒険手帳―火のおこし方から、イカダの組み方まで (知恵の森文庫)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3713

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。