Top >  アウトドア関連読本 >  ユーコン漂流 (文春文庫)

ユーコン漂流 (文春文庫)

ユーコン漂流 (文春文庫)
野田 知佑
ユーコン漂流 (文春文庫)
定価: ¥ 500
販売価格:
人気ランキング: 193248位
おすすめ度:
発売日: 2001-03
発売元: 文藝春秋
発送可能時期:
ユーコン漂流 (文春文庫)の詳細を見る

しっかし、なんでこうウチの会社の社長はバカなのかね~~(-_-メ)。
あーゆう人間に下で働いてるのかと思うと自分の人生に意味を見いだす気も起こらなくなるね。

ま、こーゆう時は、野田 知佑の本を読んで、心を落ち着けるに限るね。
今は「ユーコン漂流 (文春文庫)」というのを読んでるとこなんだけど、ちょうど今の自分と同じような境遇のヤツが出てきて、なんだかシンパシーを覚えるね。

ユーコン漂流 (文春文庫)・・・なんっつうタイトルなんで、最初は(個人的には)「あんま、パッとしないかな」とか思ってたんだけど、これ全然スゴイ!
もう、スイマセンでした!!!!って感じだね。ユーコン漂流 (文春文庫) サイコーっす。

おもしろい!
ユーコン川下り。
アラスカの大自然を舞台に、いつか自分の力で上流からカヌーでユーコンを下りたい!
ユーコン川自体、カヌー初心者や家族ぐるみでの参加などそんなに難易度が高い川下りではないらしいが、やはりアラスカという舞台で繰り広げられる数々の大自然の物語を体験したい!
キングサーモンを吊り上げたてのユーコン川下りの旅の描写が、野田佑知独特の文体で描き出されている。
個人的に著者の文体が気に入っている者としてはお勧めの一冊である。


男は黙ってカヌーでユーコン
著者はカヌー旅のアウトドアライター。椎名誠との交友も有名(周知のことで説明の必要ないか)。アラスカのユーコン川三千キロの旅を書いている。極北の川面を駆け抜ける北風のように冷たくスルドイ文体に、ユーコンの滔々とした流れのような落ち着いた思想が展開され一気に読んでしまう。カヌー犬ガクとの交流、アラスカの自然のすばらしさ怖さ、生活文化を破壊され固有の言語を失いつつあるインディアンを描いた「滅びゆくアサバスカ語」、五感すべてを使い流域で生活するマウンテンマンとフルライフの勧め、などなど。旅心を刺激する一冊。

別の時間がここにある
数千Kmにおよぶカナダの大河を独りカヌーで下る。普段の生活では味わえない時の流れがここにある。気負うこともなく自分のペースで進んでいく世界にいつしか引き込まれていく。広大な川の上を流れていく著者の心の動きが大自然の風景と共によく描かれている。こんな旅にあこがれてしまう。

ユーコン漂流 (文春文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 CREA TRAVELLER (クレア トラベラー) 2007年 06月号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 旅サライ 2008年 10/20号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3684

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。