Top >  アウトドア関連読本 >  野宿大全―究極のアウトドアへの招待

野宿大全―究極のアウトドアへの招待

野宿大全―究極のアウトドアへの招待
村上 宣寛
野宿大全―究極のアウトドアへの招待
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 6811位
おすすめ度:
発売日: 2007-06-15
発売元: 三一書房
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
野宿大全―究極のアウトドアへの招待の詳細を見る

野宿大全―究極のアウトドアへの招待は今まで自分ではそれなりに漠然とイメージしていた事がよくわかる本です。いろいろなものがどんどん変わっていっています。この野宿大全―究極のアウトドアへの招待の本の分野でも同じことです。

今のように世の中の進み方が早いときに「知らなかった」ではさみしいですね。野宿大全―究極のアウトドアへの招待を読んで、新しい今のことを知ればいろいろなことに次の道が見えるかもしれません。

野宿大全―究極のアウトドアへの招待は自分の思っていることを確かめられますし、それより知らなかったことを知ることで対応も考えられるオススメの本です。

野宿大全―究極のアウトドアへの招待は情報をいろいろ知りたい方にオススメの1冊です。私は野宿大全―究極のアウトドアへの招待の本でいろいろなことを知りました。

自分では知っているつもりでも知らないことは多いですね。今の世の中いろいろなことが早く進んでいくのでちょっとオサボリしていると知らないことがいっぱいになってきます。野宿大全―究極のアウトドアへの招待でちょっと知ってみませんか?

知らないでいると知っていたら!と思うときもしばしば。だから本を読んでいるのですが。インターネットよりいろいろな情報が読みやすくわかりやすくまとめられている本は良いですよ。

野宿大全―究極のアウトドアへの招待はオススメです!

嘘が無い。
アウトドア関係の本はメーカー、スポンサーの
影響が強く、悪口が書けないので
非常に“嘘”が多いです。

…が、この著者は特定のメーカーや
ブランド等々からのスポンサードを
一切受けずに、個人で購入をし
しっかり使い込んでの論評なので
全く“嘘”がありません。
メーカーの姿勢や体質に対する悪口や
苦言をズバズバ書いてあり、
とても参考になりました。
日本には、まともなアウトドア本が
極めて少ないので貴重な資料だと
思います。 是非、ご一読を…

お役立ち情報満載
約30年前コーリン・フレッチャーの『遊歩大全』を始めて読んだときのように興奮し、
あっという間に読んでしまいました。
欲しいもの、使ってみたいものリストが増えてしまいましたよ。
バックパッキング好きは、道具好き、蘊蓄好きなんだよね。
ただ、バックパックの総重量が20kgを軽く越えるのは、ちょっと私にゃ無理かな。
ウルトラ・ライトウエイト・バックパッカーの軽量化への執着に対しては、
辟易としてしまっている私ですが、もう少し総重量を少なくできる設定だと、
本当に有益で、ありがたかったんですが…、
本書からでなければ得られなかったお役立ち情報も多く、星5つです。

集大成
村上センセの野宿モノの集大成版。
しかしなぜこのレイアウトに??
読み難いたらありゃしない。
相変わらずの独善と偏見にニヤニヤしながら
なかなかページが進まない。
まあ他のバックパッカーのように
スポンサーやタイアップの香りのしない
純粋な「野の香り」のする一冊。
漆黒の闇に浮かぶソロテントの灯り。
決してギターでブルースを弾かずに
ステーキをガツつくセンセに拍手。

野宿大全―究極のアウトドアへの招待の詳細を見る

 <  前の記事 b * p (ビーピー) 2007年 05月号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 るるぶラスベガス’09 (るるぶ情報版 (C2))  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3669

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。