Top >  アウトドア関連読本 >  新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術

新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術

新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術
かざま りんぺい
新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術
定価: ¥ 1,000
販売価格: ¥ 1,000
人気ランキング: 92139位
おすすめ度:
発売日: 2006-03
発売元: 主婦と生活社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術の詳細を見る

昨日、ヨッチャンから借りてきた「新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術」結構オモシロイかも!
ま、でも、ヨッチャンも消しゴムのカスを集めるくらいしか興味がない人だとばかり思ってたけど、「新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術」みたいな本も読むとは・・・、チョットした驚きに襲われつつ、続きを貪る私です。

ヨッチャンは消しゴムのカスを集めるのが趣味ですが、私はヨッチャンが集めた消しゴムのカスでお団子を作るのが趣味です。そんなお団子作りの合間を縫って「新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術」を読んでいます。

ちなみに、私の作ったお団子をいつも「おいしい、おいしい」と言って食べてくれるトモチャンにも「新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術」を貸してあげようっと。
(又貸しだけど・・・ゴメンね、ヨッチャン)

子供向け
子供の頃に読んだ「冒険手帳」の楽しさが蘇ってこなかった。イラストの雰囲気も章立ても分かりやすくて良いが、著者の「きみ」「・・・だぞ」という学校の先生が話しているような文章がいただけなかった。学校や社会の規範から逃避して「冒険」に思いを馳せたい時に、教師のような人間に上から指導されたくないというのが正直なところである。

いや、懐かしい
小学生の頃だろうか、旧「冒険手帳」はバイブルでした。本当に山野を駆け巡るわけでもない、地方都市の中心部に生まれ育った少年には、空想の世界のバイブルだったわけで・・・
でも、そのバイブルが、いまや、震災に対しての役立つ本として生まれ変わったわけですね。事実、私は非常セットを常時、かばんに入れて携行していますから(笑)

冒険手帳、復刻!?
「冒険手帳」はある意味、自分の原点にある本かも知れません。小学校だったか、中学校だったか。図書館で見かけ、読みふけった記憶があります。

アウトドアの基本である「火の起こし方」「水の確保の仕方」「食べられる植物」など、アウトドアの教本だったと思います。この本は「冒険手帳」を読んだ世代が大人になり、子供に読ませたいな、と思う本の一冊です。

私が買った理由は自分が読むためでなく、本棚に並べていつか息子がその本を手に取る日が来ることを楽しみにする、ためです。

新 冒険手帳―災害時にも役立つ!生き残り、生きのびるための知識と技術の詳細を見る

 <  前の記事 月刊 ホテル旅館 2008年 11月号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 るるぶ香港・マカオ’09 (るるぶ情報版 A 4)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3649

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。