Top >  アウトドア関連読本 >  燻製作り入門―おいしいスモークを楽しむレシピ&ハウツー集 (アウトドア選書)

燻製作り入門―おいしいスモークを楽しむレシピ&ハウツー集 (アウトドア選書)

燻製作り入門―おいしいスモークを楽しむレシピ&ハウツー集 (アウトドア選書)
片山 三彦
燻製作り入門―おいしいスモークを楽しむレシピ&ハウツー集 (アウトドア選書)
定価: ¥ 1,890
販売価格: ¥ 1,890
人気ランキング: 29053位
おすすめ度:
発売日: 2002-12
発売元: 地球丸
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
燻製作り入門―おいしいスモークを楽しむレシピ&ハウツー集 (アウトドア選書)の詳細を見る

ウチの父が昔よく読んでいた「片山 三彦」。当時は、こんなの何が面白いんだろうと思っていた。なかでも父が特に気に入っていたのが「燻製作り入門―おいしいスモークを楽しむレシピ&ハウツー集 (アウトドア選書)」というやつだったと記憶している。

今日、僕も試しに「燻製作り入門―おいしいスモークを楽しむレシピ&ハウツー集 (アウトドア選書)」を読んでみた。すると、父があれだけ「燻製作り入門―おいしいスモークを楽しむレシピ&ハウツー集 (アウトドア選書)」に夢中だったワケが少しだけわかったような気がする。

ここんとこ風が強い日が続いている。
来週末、寝台列車にでも乗って1人で小旅行に出かけようか。

僕はクローゼットの中のボストンバッグを引っ張り出した。

愛情溢れる燻製作り
 入門書と銘打ってある通り、写真入りの詳細な解説が、全くの初心者にも美味しい燻製を作らせてくれる嬉しい本である。

 入門者は、この本のレシピ通り作るなら先ず失敗はないし、経験者は端折れる工程を自己流にアレンジするも良し。とにかく頼りになる一冊だ。

 一品づつに著者の思い入れに溢れたコメントがついており、それを無用に感じる人もおられるだろうが、私は「愛情溢れるお父さんの声」として、とても微笑ましく読んだ。

 別件ながら・・・、長時間に亘るボイルは、温度調整の難しい工程のひとつだと思うが、私は大型のシャトルシェフ(保温鍋)を使って、難なくこなしている。便利です。

誰でもできそう
とにかく、説明が丁寧。
一つ一つの素材から、道具、方法、食べ方まで誰がやってもすぐ出来そうな本です。
燻製初心者から中級、上級者まで幅ひろく読めます。

僕にとっては想像以上に良い一冊
本の厚さは1cmぐらいで届いた時はあまり印象は
なかった(もっと分厚いと思った)。
しかし、本はただの解説ではなく、片山氏の経験から得られた
情報も盛り込まれており、読みごたえのある内容になっている。
また写真もふんだんに使われていてわかりやすい。
そして写真に写っている食器も良い感じを出していて
より燻製が良く見えるのもいい。
そして何よりもこの本の中には僕の知りたかった熱源のことが
書いてあった。僕にとってはこの情報が一番よかった。
Webサイトや他の本ではあまり書いてないので大変参考になった。
これは燻製初心者には本当にオススメできる一冊だと思う。




この本を参考にベーコン作りに挑戦。

試行錯誤しながら4回目にしてようやくおいしいベーコンが作れるようになりました。
次はハムに挑戦しようと思っています。

燻製作り入門―おいしいスモークを楽しむレシピ&ハウツー集 (アウトドア選書)の詳細を見る

 <  前の記事 イギリスのティーハウス―紅茶とお菓子を楽しむ (セレクトBOOKS) (セレクトBOOKS)  |  トップページ  |  次の記事 海外旅行が変わる ホテルの常識 (地球の歩き方Books) (地球の歩き方BOOKS)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3545

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。