Top >  アウトドア関連読本 >  秘境駅II

秘境駅II

秘境駅II
牛山隆信・栗原 景
秘境駅II
定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 7093位
おすすめ度:
発売日: 2008-11-26
発売元: メディアファクトリー
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
秘境駅IIの詳細を見る

ウチの父が昔よく読んでいた「牛山隆信・栗原 景」。当時は、こんなの何が面白いんだろうと思っていた。なかでも父が特に気に入っていたのが「秘境駅II」というやつだったと記憶している。

今日、僕も試しに「秘境駅II」を読んでみた。すると、父があれだけ「秘境駅II」に夢中だったワケが少しだけわかったような気がする。

ここんとこ風が強い日が続いている。
来週末、寝台列車にでも乗って1人で小旅行に出かけようか。

僕はクローゼットの中のボストンバッグを引っ張り出した。

あの頃の光景があります
最近多いですよね。万人に媚を売らずに、徹底的に「世界」を追求した写真集が。この写真集
もそうした流れの中から生まれた作品の一つですが、例え読者層を絞りまくった題材であって
も敢えて流通させてみせる姿勢は、出版業が振るわない昨今、面白い試みだと思います。
またそうした個性豊かな作品に対して確実に応えてくれる読者は存在するわけで、大ホーム
ラン狙いばかりでなく、こつこつと読者層を集める目論見は正しい戦略の一つだと思います。

さて本書ですが、なんともしみじみとした光景が胸をうちます。文庫本「秘境駅」シリーズ
からのファンですが、旅行と言えば速達性と到着することばかりが目的となり、寄り道や目的
地までの時間の楽しさが失われつつある昨今の状況は嘆かわしい限りで、通過される存在で
しかなかった小駅に眼を向けた牛山氏の姿勢に共感することしきりです。また、時代の流れが
加速する一方の中、思い出の中の存在と化した「昭和」が今なお健在であることは嬉しいこと
で、鉄道マニアならずともどこか蘇ってくるものを感じないものでしょうか。

「秘境駅」に到達することをスコア化した、一部の鉄道ファンの姿勢にも疑問を感じざるを
得ませんが、願わくば一日でも長く、この写真集に収められた光景が存在し続けてほしいもの
です。この辺の心境は、平成生まれの方には理解しがたいかもしれませんけどね。

秘境駅IIの詳細を見る

 <  前の記事 るるぶ埼玉 川越 鉄道博物館’09 (るるぶ情報版 関東 4)  |  トップページ  |  次の記事 決定版!温泉&宿 九州’09 (るるぶ情報版 九州 20) (るるぶ情報版 九州 20)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3910

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。