Top >  アウトドア関連読本 >  バックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)

バックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)

バックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)
堀田 貴之
バックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)
定価: ¥ 1,050
販売価格: ¥ 1,050
人気ランキング: 28917位
おすすめ度:
発売日: 1997-05
発売元: 地球丸
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
バックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)の詳細を見る

バックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)は同じような種類の本と是非見比べてみてください。いろいろ見比べても最後にはきっとこのバックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)を手に取っていることでしょう。

本に求めている内容は人によって違いますが、バックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)にはほとんどの人が求めていることがわかりやすく書かれています。読みやすく見やすいこともバックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)の特徴ですね。

もし同じことに興味を持っている人がいたなら、あなたもこのバックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)を紹介したくなると思いますね。

バックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)は一読の値打ちがありますよ。

何かぐいぐい引き込まれるというか、バックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)という作品に地力があるのか、
私は自分で思ってたより、引き込まれてしまいましたね。

まあこの作品には色々な意見がるようなんですが、
私の周囲ではバックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)っていいよ!って意見が結構多いんです。

でも、何も反応が無いような作品より、こんな風に様々な意見があること自体がこの作品の力なんじゃないかな?と私は思ったりするんです。

街に居て、自然の中の旅を想うときに読む本だろうか。
HOW TOものの一種として書かれているので道具や最低限の技術・マナーの紹介が
半分くらいといったところ。そういった情報だけでなく筆者の経験から来る独自の工夫や、
野外活動における哲学、旅の味わいのようなものが随所で語られているので、読み物としての魅力もある程度在り。
またそういった文章も「自称アウトドア専門家」に多い独りよがりだったり押し付けがましく窮屈なものではなく、
平易で穏やかな論調であるところに好感が持てる。
最近多い、事実上アウトドアブランドのカタログ本にしかなっていないHOW TOものよりも
ずっと実際的な内容だと感じたし説明も親切で丁寧だが情報量としては不足気味、そして少し古い感がある。
HOW TO本のシリーズに含めるべきではない本かも知れない。
バックパッキングの旅を全く未経験で、これから始めようとする人にお勧めの内容だが
完全な初心者にはちょっと不十分な気もするし、かといってベテランバックパッカーは大抵が
それぞれに一家言あるので、そういった人が読むとすれば新たな情報的な発見も特に無さそうだし、
読み物としても食い足りないように思う。
少なくとも年に何度かバックパッキングの旅に出ている人であれば、ここで紹介されている道具・
技術に関する知識などはほとんど既に知っていることばかりで特に参考にはならないはず。
一回やってみたいけどどんなモンだろうなあ?と思っている人や、昔は野歩きを少し嗜んだけど
何年もやってない、その内また旅に出たいなあ…と思っている人などに向いているのではないか。
読んでいる内に野山へ出かけてみたい気持ちが盛り上がってくると思う。

遊歩大全読者なら思わずにんまり
本人が自白している通りコリンフレッチャーの影響があちこちに見られます.道具の話が主体なのも遊歩大全と同じ.しかし,それがこの本の魅力だと思います.遊歩大全やThe Complete Walkerの続編を読んで影響された人なら,思わずにんまりしてしまうような箇所があちこちあり,一層面白く読めると思います.
このシリーズの特徴として原則として見開きで1テーマになっているので,どのページからでも読み始めることが出来ます.

まあいいかなあ
70年代、憧れだったバックパッキング・・当時から比べれば道具も進歩してるし
何より大人の財力でずっとハードルは低くなったのでそろそろ始めるかなと思い、芦沢本だったり遊歩大全だったりは高校生の頃に読んでいたので、新しい情報でも無いかと思いって手にしました。
まあ情報本ではないから選択違いだったといえばそれまでですが、遊歩大全や他の本を読んでいるロッキングチェアー・バックパッカーなら読まなくてもいいかなと思います。
読み終わって「ぎゃー明日道具揃えなきゃ死ぬうう」という爆発的な高揚感は与えてくれませんでした(内容的に小粒だったかなあ)。

全く知識が無いならばお勧めですかね。
よくない評価でごめんなさい

バックパッキングのすすめ (OUTDOOR HANDBOOK)の詳細を見る

 <  前の記事 RSVP 第3号 英国の「住まい」にまつわる物語  |  トップページ  |  次の記事 月刊 ホテル旅館 2008年 03月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3953

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。