Top >  アウトドア関連読本 >  野外料理のベーシック・テクニック (OUTDOOR HANDBOOK)

野外料理のベーシック・テクニック (OUTDOOR HANDBOOK)

野外料理のベーシック・テクニック (OUTDOOR HANDBOOK)
織田 大策
野外料理のベーシック・テクニック (OUTDOOR HANDBOOK)
定価: ¥ 1,050
販売価格: ¥ 1,050
人気ランキング: 123949位
おすすめ度:
発売日: 1997-04
発売元: 地球丸
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
野外料理のベーシック・テクニック (OUTDOOR HANDBOOK)の詳細を見る

しっかし、なんでこうウチの会社の社長はバカなのかね~~(-_-メ)。
あーゆう人間に下で働いてるのかと思うと自分の人生に意味を見いだす気も起こらなくなるね。

ま、こーゆう時は、織田 大策の本を読んで、心を落ち着けるに限るね。
今は「野外料理のベーシック・テクニック (OUTDOOR HANDBOOK)」というのを読んでるとこなんだけど、ちょうど今の自分と同じような境遇のヤツが出てきて、なんだかシンパシーを覚えるね。

野外料理のベーシック・テクニック (OUTDOOR HANDBOOK)・・・なんっつうタイトルなんで、最初は(個人的には)「あんま、パッとしないかな」とか思ってたんだけど、これ全然スゴイ!
もう、スイマセンでした!!!!って感じだね。野外料理のベーシック・テクニック (OUTDOOR HANDBOOK) サイコーっす。

読み物としても楽しめます
野外料理、アウトドアクッキングの本、というと、凝った料理やBBQ、スモークやダッチオーブンがメインと思われるでしょうが、この本はさにあらず。
焚き火の起こし方、スプーンやフォーク等の選び方等を含め「教示」するのではなく、「著者の選定基準」や「実際に使うに至った経緯」を「明かし」ているところが興味深い。
一般的な解説書では特定の「ブランドモノ」を推奨したり、「大袈裟なこだわり」の品を絶賛していたりするものだが、ことこの本にあっては「結局、今は普通の箸を使っている」、というところに著者のスタイルが表れている。
焚き火が好きで、酒が好きな気取らない著者のスタイルに「ハマって」しまえば、後は肩肘張らずに野外に飛び出せること間違い無しです。

野外料理のベーシック・テクニック (OUTDOOR HANDBOOK)の詳細を見る

 <  前の記事 Lmagazine (エルマガジン) 2006年 09月号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 自休自足 2007/10月号 vol.19  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3880

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。