Top >  アウトドア関連読本 >  これだけは知っておきたいサバイバル術マル食入門―金欠サバイバルからレンジャー部隊の生存自活訓練までどんな状況でも食いつなぐための実践術 (Outdoor21Books)

これだけは知っておきたいサバイバル術マル食入門―金欠サバイバルからレンジャー部隊の生存自活訓練までどんな状況でも食いつなぐための実践術 (Outdoor21Books)

これだけは知っておきたいサバイバル術マル食入門―金欠サバイバルからレンジャー部隊の生存自活訓練までどんな状況でも食いつなぐための実践術 (Outdoor21Books)
鈴木 アキラ
これだけは知っておきたいサバイバル術マル食入門―金欠サバイバルからレンジャー部隊の生存自活訓練までどんな状況でも食いつなぐための実践術 (Outdoor21Books)
定価: ¥ 998
販売価格: ¥ 998
人気ランキング: 174927位
おすすめ度:
発売日: 2004-01
発売元: 山と溪谷社
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
これだけは知っておきたいサバイバル術マル食入門―金欠サバイバルからレンジャー部隊の生存自活訓練までどんな状況でも食いつなぐための実践術 (Outdoor21Books)の詳細を見る

昨日、ヨッチャンから借りてきた「これだけは知っておきたいサバイバル術マル食入門―金欠サバイバルからレンジャー部隊の生存自活訓練までどんな状況でも食いつなぐための実践術 (Outdoor21Books)」結構オモシロイかも!
ま、でも、ヨッチャンも消しゴムのカスを集めるくらいしか興味がない人だとばかり思ってたけど、「これだけは知っておきたいサバイバル術マル食入門―金欠サバイバルからレンジャー部隊の生存自活訓練までどんな状況でも食いつなぐための実践術 (Outdoor21Books)」みたいな本も読むとは・・・、チョットした驚きに襲われつつ、続きを貪る私です。

ヨッチャンは消しゴムのカスを集めるのが趣味ですが、私はヨッチャンが集めた消しゴムのカスでお団子を作るのが趣味です。そんなお団子作りの合間を縫って「これだけは知っておきたいサバイバル術マル食入門―金欠サバイバルからレンジャー部隊の生存自活訓練までどんな状況でも食いつなぐための実践術 (Outdoor21Books)」を読んでいます。

ちなみに、私の作ったお団子をいつも「おいしい、おいしい」と言って食べてくれるトモチャンにも「これだけは知っておきたいサバイバル術マル食入門―金欠サバイバルからレンジャー部隊の生存自活訓練までどんな状況でも食いつなぐための実践術 (Outdoor21Books)」を貸してあげようっと。
(又貸しだけど・・・ゴメンね、ヨッチャン)

なんだこれ?
だいたいが見出しとはズレた内容で、しかもまとまりがない
「遭難に備える」と題しておきながら、遭難自体にはほとんど触れていない第三章は圧巻
サバイバルな状況下に置かれたとしても、この本だけは参考にするまい

大雑把。安直に作られた本。
小手先の企画/編集技術が先行して安直に作られた本。断片的で皮相的な情報の寄せ集め。
著者や編集者は、タイトルに「サバイバル」とか「これだけは知っておきたい」等々のありがちな刺激的な言葉をちりばめて、特定のテイストのイラストを表紙に載せておけば、アウトドア経験がロクに無くて観念ばかりが先行している読者層やロクに内容も確認せずにレジに持ってゆく層を中心にそこそこ売れるだろう、、、、とでも想像したのだろうか?
ほとんどの章で記述や情報が大雑把すぎて、これから食のサバイバル状況に直面する初心者にも、すでに実際に野外生活を豊富に実践している人にも、そのどちらにもほとんど役立たないような扱い方/掘り下げ方で情報が紹介されている。
一例を挙げると、食べられる/食べてはいけない植物のコーナー では写真が掲載されておらず大雑把なイラストだけ。これでは実際の現場では判別できるわけがないではないか。デジカメ・カラー印刷が発達した現在、これではあまりにお粗末。
百歩譲って、入門書だから網羅的であることは困難ということをゆるすとしても、とりあげた事例については最低限 実際に使えるレベルまで記述すべきだ。
もしや、と思い確認してみたら同著者の『ダッチオーブン&燻製入門』のアマゾン書評でも「大雑把すぎる」との批判をされているではないか。
著者と編集者は基本姿勢が不誠実で、本の購入者/購入候補者を小馬鹿にしつづけているようだ。著者と編集者は胸に手をあててよくよく反省してほしい。

これだけは知っておきたいサバイバル術マル食入門―金欠サバイバルからレンジャー部隊の生存自活訓練までどんな状況でも食いつなぐための実践術 (Outdoor21Books)の詳細を見る

トップページ  |  次の記事 箱根 てくてく歩き6 (ブルーガイド―てくてく歩き)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3538

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。