Top >  アウトドア関連読本 >  世界遺産 熊野古道を歩く 紀伊山地の霊場と表詣道 (楽学ブックス 文学歴史 3) (楽学ブックス―文学歴史)

世界遺産 熊野古道を歩く 紀伊山地の霊場と表詣道 (楽学ブックス 文学歴史 3) (楽学ブックス―文学歴史)

世界遺産 熊野古道を歩く 紀伊山地の霊場と表詣道 (楽学ブックス 文学歴史 3) (楽学ブックス―文学歴史)

世界遺産 熊野古道を歩く 紀伊山地の霊場と表詣道 (楽学ブックス 文学歴史 3) (楽学ブックス―文学歴史)
定価: ¥ 1,600
販売価格: ¥ 1,600
人気ランキング: 259322位
おすすめ度:
発売日: 2008-10-17
発売元: ジェイティビィパブリッシング
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
世界遺産 熊野古道を歩く 紀伊山地の霊場と表詣道 (楽学ブックス 文学歴史 3) (楽学ブックス―文学歴史)の詳細を見る

最近、風呂場ん中で読書をするというのにハマっている。
湿気で本がフニャフニャになるのだが、ま、あまり気にしないことにしている。

昨日から「世界遺産 熊野古道を歩く 紀伊山地の霊場と表詣道 (楽学ブックス 文学歴史 3) (楽学ブックス―文学歴史)」を読み始めた。正直、私は後悔している。
こんな良い本を風呂場とかで読むのは罰当たりだという気がしている。

世界遺産 熊野古道を歩く 紀伊山地の霊場と表詣道 (楽学ブックス 文学歴史 3) (楽学ブックス―文学歴史)の中にでてくる、ある言葉は私を幼少の時分へとタイムトリップさせてくれる。

誰の心の中にもある風景。「世界遺産 熊野古道を歩く 紀伊山地の霊場と表詣道 (楽学ブックス 文学歴史 3) (楽学ブックス―文学歴史)」の中にはそれがあるような気がする。とりあえず表紙がフニャフニャになってしまったので、もう一冊買うかも知れない。

懐深い熊野古道の入念な紹介
 熊野古道は平成16年「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録された。
参詣道の一つである「熊野古道・伊勢路」はお伊勢参りを終えた旅人たちが「熊野三山(本宮・那智・速玉)」や「西国三十三所詣で」のために巡った巡礼の道である。
 代表的なルートは紀伊半島を西回りする「紀伊路」と、東回りの「伊勢路(東熊野街道)」があるが、前者は平安末期から鎌倉期にかけて盛んに行われた皇族らの御幸ルート。道筋には休憩所を兼ねた王子社がまつられていた。これに対して後者は、江戸時代に伊勢参宮を終えた旅人達が辿ったルートで、いわば庶民の道であった。
 本書で特筆すべきは、挿入されているエピソードの豊富さであろう。
「安珍清姫伝説の舞台、道成寺」「新宮が生んだ文士・佐藤春夫と中上健次」「定家が歩いた紀伊路」「今も信仰さめる『日本書紀』の舞台」「一遍上人と熊野の神」など、歴史文化の伝統を湛えた世界遺産として紹介している。その懐の深さが魅力となっている。
 

世界遺産 熊野古道を歩く 紀伊山地の霊場と表詣道 (楽学ブックス 文学歴史 3) (楽学ブックス―文学歴史)の詳細を見る

 <  前の記事 荷風流 東京ひとり歩き (楽学ブックス―文学歴史)  |  トップページ  |  次の記事 るるぶ北陸’09 (るるぶ情報版 中部 18)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3587

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。