Top >  アウトドア関連読本 >  バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)

バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)

バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)
今江 克隆
バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)
定価: ¥ 1,050
販売価格: ¥ 1,050
人気ランキング: 75112位
おすすめ度:
発売日: 1997-04
発売元: 地球丸
発送可能時期: 通常3~5週間以内に発送
バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)の詳細を見る

バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)は今まで自分ではそれなりに漠然とイメージしていた事がよくわかる本です。いろいろなものがどんどん変わっていっています。このバスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)の本の分野でも同じことです。

今のように世の中の進み方が早いときに「知らなかった」ではさみしいですね。バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)を読んで、新しい今のことを知ればいろいろなことに次の道が見えるかもしれません。

バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)は自分の思っていることを確かめられますし、それより知らなかったことを知ることで対応も考えられるオススメの本です。

バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)は情報をいろいろ知りたい方にオススメの1冊です。私はバスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)の本でいろいろなことを知りました。

自分では知っているつもりでも知らないことは多いですね。今の世の中いろいろなことが早く進んでいくのでちょっとオサボリしていると知らないことがいっぱいになってきます。バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)でちょっと知ってみませんか?

知らないでいると知っていたら!と思うときもしばしば。だから本を読んでいるのですが。インターネットよりいろいろな情報が読みやすくわかりやすくまとめられている本は良いですよ。

バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)はオススメです!

文章に惹きこまれる
 基礎的な釣りの本では軽く流されてしまう事柄についてよくわかる本だと思います。私の場合は、ワームの動かし方、アタリのとり方、ルアーカラーの選び方、リールのハンドルの使い分け方についての説明が特に役立ちました。
 そして、中でも印象に残ったのが「42.バスプロとサラリーマンの両立は可能か?」と「43.トッププロへの道のり。明日のために」です。苦労話をまじえていますが、決して同情を買うような文章ではなく、今江克隆氏の意地やプロとしての厳しさを感じます。確かに、私はバスフィッシングに専心しているわけではなく、また今江氏が経験されたような苦労はしていませんが、この項目を読み返すと自分も努力しようと感化されます。

バスフィッシィングの基礎を学ぶには、この本です
シークレットとタイトルですが、実際読むと今までの自分のスタイルが間違っていた事に気付きました。雑誌の投売りで、「この季節は○○が良い」とか「○○が効く」とかで鵜呑みにし、色んなリグを良く考えずに使っていた自分を発見できます。又、今江選手のトーナメントで培ったノウハウを書いてあるので早く上達したい人には特にお勧めの一冊です。ベテランの方でも魚探の見方の部分なんか非常に参考になると思います。バス釣は考えて釣るスタイルですが、いつも悩みがつきものです。しかし、この一冊で少し明かりが見えてきたような気がします。

バスフィッシングのシークレット48 (OUTDOOR HANDBOOK)の詳細を見る

 <  前の記事 決定版!温泉&宿 関東’09 (るるぶ情報版 首都圏 2) (るるぶ情報版 首都圏 2)  |  トップページ  |  次の記事 これで差がつくオートキャンプのワザ110―準備から道具のメンテナンスまで (るるぶDo!)  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3568

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。