Top >  アウトドア関連読本 >  21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)

21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)

21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)
柘植 久慶
21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)
定価: ¥ 650
販売価格: ¥ 650
人気ランキング: 7361位
おすすめ度:
発売日: 2004-11
発売元: 集英社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)の詳細を見る

21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)はわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)はこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)は読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないので21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)のような本が合うのではないでしょうか?

21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)を読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)は自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)を私はオススメします。あなたの生活に21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)はきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

備えあれば憂いなし
「サバイバルブック」の改訂版です。
『まさか』『ありえない』とか言う状況ばかりかもしれませんが、予備知識として知っているのといないのでは、雲泥の差になります。
私は海外に出かける時に、必ずこの本を持って行って読み直しています。

サバイバルの定義が変わった現代においては今一つ
私はかつて柘植久慶氏の(小説以外の)著作に衝撃を受け、
頭に叩き込もうと熟読したりサバイバル・グッズを収集したりしていた。

しかし阪神・淡路大震災によってサバイバルの定義が一変するのを
目の当たりにし、自分を深く恥じると同時に氏の主張に疑問を抱いた。
大災害の中にあって多くの人々が、助け合うことによって生き延びたのだ。
それ以降に起きた国内外の大災害においても同じだった。
それによって明らかになったことは、無人島や戦場ならいざ知らず
一般市民に必要なのは「手に手を取り合って皆で生き残るノウハウ」だ、ということ。
一方で氏が説くのは根本的に「自分(と家族)だけが生き残るノウハウ」であり
(事実『あなただけが生き残る方法』というサバイバル本も書いている)、
この点の大きなずれに私は疑問を抱いたのだ。
極論すれば阪神・淡路や新潟クラスの大地震、あるいは
インドネシア級の大津波の前では個人の備えなど吹き飛んでしまう。

また、犯罪への対抗手段は深く考えられていると思うが、
日本は正当防衛が成立しにくいと聞いている。それが正しければ
この本の記述をそのまま実行するのは社会的に危険かもしれない。
生物兵器や核兵器に至っては、そもそも対抗手段自体がないのでは。
それを目的に作られる兵器なのだから。
「平和ボケ」という言葉を耳にするようになって久しいが、
この言葉を連発して喜んでいる人はさしずめ「戦争ボケ」とでも言えるだろうか。

それら全てを念頭に置いた上でなら、備えはあるに越したことはない。
その意味で星一つ追加。

重みのある文章に身が震える思いがした
ありとあらゆる天災、事故、疫病、テロなどを想定したサバイバルの書。
文章には平和ボケした我々とは全く違った重み、緊張感が伝わってきて
思わず、体が震えるような恐怖を感じます。

筆者の考え方は軍隊で鍛えられたものという印象が非常に強いです。
とにかく実践的。自分の身は自分で護る、そういうことを痛感しました。

文章が多少過激な部分もありますが、これくらいの認識がないと
犯罪の激増している今の日本では安心できないでしょう。
文庫サイズも持ち運びのために考えているあたり、さすがリスク管理が徹底しています。
是非、一読されることをお奨めします。

21世紀サバイバル・バイブル (集英社文庫)の詳細を見る

 <  前の記事 旅行人 2005年冬号 イエメン 徹底ガイド完全保存版  |  トップページ  |  次の記事 ガルヴィ 2009年 01月号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3754

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。