Top >  アウトドア関連読本 >  ネイチャーゲーム〈1〉

ネイチャーゲーム〈1〉

ネイチャーゲーム〈1〉
ジョセフ・B. コーネル
ネイチャーゲーム〈1〉
定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 151783位
おすすめ度:
発売日: 2000-09
発売元: 柏書房
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
ネイチャーゲーム〈1〉の詳細を見る

たまには実家に帰って両親に顔を見せてやろうかと思う。しかし、田舎というのは超退屈なのだ。本の2~3冊は持ってかないと間が持たない。今回の帰省では「ネイチャーゲーム〈1〉」を旅の友とすることにした。

JR上野駅から宇都宮線に乗る。幸い、上野発の列車なので席は座り放題だ。さっそく「ネイチャーゲーム〈1〉」を取り出し、本の中に没入するが、馬鹿な子供が私の周囲で嬌声をあげている。いや、嬌声などという生やさしいものではない。

ここは動物園か?と言いたくなるほどの野放しぶりだ。親が見ていない隙に「ネイチャーゲーム〈1〉」の表紙の角で奴らの眉間を思いっきりヒットしてやった。

自然体験の素晴らしさを分かちあうために
ネイチャーゲームの創始者ジョセフ・B・コーネルは、1979年に「シェアリング・ネイチャー・ウイズ・チルドレン(こどもと共に自然を分かちあおう)」を発表しました。全米でそして世界で、自然の素晴らしさを子どもたちに伝えたいと願っていた人たちに、圧倒的な支持を得ました。この翻訳を、1969年日本で翻訳したのが「ネイチャーゲーム(1)」です。
ネイチャーゲームは日本でつけられた和製英語です。ゲームと言う言葉を使ったのは、この活動の中にある、楽しさを伝えるためです。1999年コーネル氏は、20周年を記念して、大幅に改訂・増補しました。
20年の実践をふまえて、新しいアクティビティ(ゲーム)を加え、従前のものも書き直されて、内容は益々充実しています。
ネイチャーゲームにとどまらず、自然体験活動のインタープリター(自然案内人)を目指す人には、必読の本といえるでしょう。

ネイチャーゲーム〈1〉の詳細を見る

 <  前の記事 Tarzan (ターザン) 2008年 8/13号 [雑誌]  |  トップページ  |  次の記事 鉄道で旅する北海道 2009年 冬号 [雑誌]  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/3864

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ! 関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。