Top >  アウトドア関連 >  登山靴を選ぶ時の基準

登山靴を選ぶ時の基準

登山靴を購入する場合に「靴そのものが重い」ということが嫌われている原因の一つでもあります。
行動範囲も狭く、山登りする距離自体も短い軽登山のような場合には、当然のことながら背負う荷物も軽いものでしょうし、肉体的な負担もそれほどありません。
このような軽い登山の場合には、スニーカーやウォーキングシューズといった靴で十分でしょうし、適しているとも言えます。
靴が軽ければ足取りも軽やかになりますし、なにより履きなれている靴なのですから、安心感も抜群ですよね。
しかしながら、テントを背負ったり、一週間分の食糧や衣類といったかなりの重さになるリュックを背負わなければならない本格的な登山をする場合には、重量感のある登山靴が欠かせません。
このように、荷物の重さや軽さというものによって、それぞれに見合った靴は異なりますし、登山靴を選ぶ時の基準の一つであるとも言われています。

 <  前の記事 登山靴の重要性  |  トップページ  |  次の記事 自分に合った無理のない登山靴  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/5120

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。