Top >  アウトドア関連 >  基本的なロープワーク

基本的なロープワーク

アウトドアの現場に欠かすことの出来ないロープワークには、多種多様な結び方があります。
中でも基本的な結び方について、ほんの少しだけですが紹介させていただきますので、参考にしてみて下さい。
●ボウラインノット(Bowline Knot)「もやい結び」
余計な力が加わっても作った輪がしまらない結び方で、命綱などとして身体に巻きつけるような時に最適です。
簡単に結ぶことができ、意思をもって解かない限り解けないのですが、解く時には簡単に解けます。
●トウトラインヒッチ(Tautline Hitch)「自在結び」
プラスティック製のスライダーが無くても、テントやタープの張り綱を調節することができる結び方です。
解く時には、テンションを緩めるだけでOKです。
●フィッシャーマンズノット(Fisherman's Knot)「テグス結び」
滑りやすい釣り糸や、太さの異なるロープ同士を繋ぎ合わせる時に有効です。

 <  前の記事 ロープワークを上達させる秘決  |  トップページ  |  次の記事 「緩みにくく解けやすい」ロープの結び方  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/5172

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。