Top >  アウトドア関連 >  十徳ナイフの特徴

十徳ナイフの特徴

フォールディングナイフの中でも、アウトドアで重宝され人気が高いのは「十徳ナイフ」と呼ばれているものです。
世に広く知られている十徳ナイフには、十文字マークが馴染み深い「スイスアーミーナイフ」というものがあります。
このナイフは、ブレードの他に缶切り、栓抜き、ワインのコルク抜き、はさみ、ドライバー、ピンセットなどさまざまな道具が組み込まれた構造になっています。
しかしながら、本当に必要としているのは何かということをじっくり考慮して、購入することをお勧めします。
ナイフに組み込まれた機能が、豊富であればあるほど複雑な構造になってしまいますから、お手入れに手間がかかってしまいますから、気を付けましょう。
また、折り畳んだ時の全長が5cm程度しかないフォールディングナイフもあるのですが、使い勝手のことを考えると10cm程度はあった方が良いでしょう。
いずれにしても、刃物の扱いには十分気を付けて、アウトドアを楽しいものにしましょう。

 <  前の記事 フォールディングナイフについて  |  トップページ  |  次の記事 アウトドアの現場に相応しいロープワーク  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/5169

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。