Top >  アウトドア関連 >  乾燥と湿気を嫌う登山靴

乾燥と湿気を嫌う登山靴

登山靴をお手入れする際に、配慮しなければならないのは「乾燥」です。
革靴というのは乾燥に弱いという性質を持っています。
ですから、日陰で風通しの良いところで水気を取り去った後は、保革油を塗っておくようにしましょう。
最後に防水スプレーをかけておくことも効果的ですよ。
さらに、革靴は湿気を嫌います。
湿気の多いような場所に保管しておくと、直ぐにカビが生えてしまいますので、気を付けて下さい。
登山靴を保管する時には、湿度の低い場所を選ぶことが大切ですし、専用の袋などに入れ、乾燥剤を入れておけばベストですね。
このように、お手入れには結構手間がかかります。
しかしながら、登山靴は使い込めば使い込むほど、そしてお手入れを丁寧にすればするほど、良い色合いが出てきますし、なにより自分の足に馴染んできます。
しっかりお手入れすることは、自分の身を守るということでもありますから、怠らないようにしましょう。

 <  前の記事 大切な登山靴のお手入れ方法  |  トップページ  |  次の記事 変化が激しい山の天候  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/5142

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。