Top >  アウトドアとは >  アウトドアで焚き火をする時のコツ

アウトドアで焚き火をする時のコツ

アウトドアで焚き火をする時には、まず新聞紙の上に、乾燥した小枝をたくさん重ねて、少しづつ太めの薪を組むようにしましょう。
このようにすれば、空気が通りやすくなって、火が付きやすくなります。
確実に焚き火を成功させるための秘訣は、燃えやすいものをどんどん燃やしてから、太い薪に火を燃え移らせることです。
あまりいじるのは逆効果ですから気を付けて下さい。
あせりは禁物です。
あわてず、落ち着いてやりましょう。
薪が組み終わったら、ライターで火をつけます。
なお、地面が湿っていると、火がつきにくいので、地面が湿っているような場所で焚き火をする時には、よく乾燥した太めの木を2~3本地面に敷いておくことをお勧めします。
くすぶって、なかなか燃えないような場合には、ウチワで扇ぐようにして空気を送り込みましょう。
帽子などを利用するのが良いですね。

 <  前の記事 焚き火に関する必要最低限のマナー  |  トップページ  |  次の記事 アウトドアで焚き火を行う前に・・・  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/5176

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。