Top >  アウトドアとは >  アウトドアの現場に相応しいロープワーク

アウトドアの現場に相応しいロープワーク

靴ひもであれば、蝶結びをしていれば何の問題もありません。
しかしながら、アウトドアの現場では直ぐに解けてしまいますから、蝶結びは役に立ちません。
かた結びをしても、いざと言う時に解きにくいので適していません。
このように、アウトドアでは日常生活では思いもよらない不便に遭遇することになります。
例えば「ブランコなどの遊具」「縄梯子」「急斜面の上り下り」「崖下との荷物の上げ下ろしや水汲み」「背負い紐」「ハンモックづくり」「物干やハンガー」・・・といった具合に、アウトドアではさまざまな場面で、ロープが有効的に使われることになります。
ですから、アウトドアの現場に相応しいロープワークを習得しておかなければ、快適なアウトドアライフを過ごせませんから、全然楽しくなくなってしまいます。
インターネットなどで検索して、いろいろなロープワークを覚えておきましょう。

 <  前の記事 十徳ナイフの特徴  |  トップページ  |  次の記事 ロープワークを上達させる秘決  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/5170

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。