Top >  アウトドアとは >  強度に優れるドーム型テント

強度に優れるドーム型テント

ドーム型のテントには、ジュラルミンなどが採用された軽いポールを湾曲させ、それにテント本体を吊るす形態のものと、テント本体に付けられたガイドにポールを通して立てる形態のものがあります。
吊るす形態のものでは、ポールにフックを掛けるだけでOKですから、非常に簡単です。
しかも本体とフライの間に空間ができますので、雨が降り出したとしても本体が濡れにくいという設計になっています。
一方、ガイドにポールを通す形態のものでは、テント全体をしっかり張ることになりますから、強い風にもビクともしませんので、安定感バツグンです。
どちらにしても、ドーム型のテントは強度に優れ、手軽に設営できることから幅広い人気を誇っています。
他にもA型フレームのテントや、オートキャンプ場に適している優れた居住性のテントもあります。
ほとんどのテントはナイロン素材で作られていて、撥水加工が施されています。
なお、内部の湿気を外部に排出しやすいゴアテックス製のテントは、かなり快適な空間を実現してくれますが、結構な費用がかかりますよ。

 <  前の記事 大自然の中で自分たちだけのスペースを作れるアイテム  |  トップページ  |  次の記事 テントを選ぶ時に踏まえておきたいこと  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/5150

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「アウトドアを楽しむ!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。